About ポカリスエットの特長

なぜ水分補給に適しているの?

身体の水分は何からできているのでしょう

私たちの身体の水分(体液)には、真水だけではなく、ナトリウムなどのさまざまなイオンが含まれています。汗がしょっぱいのはこのためです。したがって、大量の汗をかくことで水分と一緒にナトリウムも失うので、身体の中のイオンバランスが崩れてしまい、健やかな生活を送ることができなくなります。

ポカリスエットは、体液に近いイオンバランスの飲料なので、汗をかくなどして失われた水分やナトリウムなどのイオン(電解質)をスムーズに補給して、身体をやさしくうるおすことができるのです。

身体の水分が失われると、どんなことが起きるのでしょう

スポーツや、炎天下で仕事をしているときなど、私たちは、たくさんの汗をかいています。

汗は、乾いていくときに身体の表面の熱を奪うので、上昇した体温を下げる働きをしています。体温調節は、汗の大切な働きなのです。だから、たくさんの汗をかいて、身体の水分(体液)を失ってしまうと、体温を下げることができなくなります。クルマでいえば"オーバーヒート"のような状態です。

身体の中の水分が、3%失われると、強いノドの渇き・ぼんやり・食欲不振などの症状がおこり、4〜5%失われると、疲労感・頭痛・めまいなどの脱水症状があらわれます。そして、10%以上失われると、死にいたることもあるのです。

むかしは、「運動中には、水分を摂ってはいけない」と、いわれていました。しかし、水分補給の重要性が認識されるようになった現在では、スポーツ中の積極的な水分補給が、広くすすめられています。水分補給を十分行うことで、運動パフォーマンスが維持できたという試験結果もあります。

スポーツのときだけでなく、汗をかいたときの水分補給には、ただの"水"でいいのでしょうか?

汗として身体から失われる水分は、ただの"水"ではありません。ナトリウムやカリウムなどの、"イオン(電解質)"を含んだ水分です。

汗をたくさんかいたときに、水だけを飲むと、体液が薄まるのを防ぐために、脱水から回復していないのにノドの渇きがおさまってしまったり、尿の量が増えたりすることがあります。

だから、汗をかいたときの飲みものとして、体液に近いイオンバランスを持ったポカリスエットがいいのです。

このことは、さまざまな研究や調査によっても明らかにされています。

どのような飲みものが、すばやく身体に吸収されるのでしょう

厚生労働省と日本体育協会が熱中症対策として推奨する飲料の塩分濃度は0.1~0.2%です。このとき100mℓ中には40~80mgのナトリウムが含まれています。

ポカリスエットは、100mℓ中に49mgのナトリウムを含んでいます。

健康な成人9名を対象に体重の4%脱水させた後、脱水したのと同じ量の“水”と“ポカリスエット”を飲んだ試験で、水を飲んだだけでは血漿(血液の液体成分で、本当に身体の中に水分が入ったかをみる指標)量は十分に回復しませんでしたが、ポカリスエットをのんだときには水よりも速やかに回復しました。

このことから、ポカリスエットは、汗をかいて失われた水分とイオン(電解質)をスムーズに補給できる飲料であることが、実証されました。

※厚生労働省より、平成21年6月に発表された「職場における熱中症の予防について」準拠

この記事をシェアする

ページトップへ