Scene こんなときにも

起床時や就寝前に

寝ているだけでも身体はカラカラ

人は寝ているだけでも汗や呼気などから相当な水分を失っています。
その量は約500mℓにも及びます。(約8時間 約29℃:大塚製薬佐賀栄養製品研究所データ 2000)

昔の人は寝る時の枕元に水をおいて、寝る前にコップ1杯の水を飲む習慣があったそうです。この水は「宝水」と呼ばれていました。それは、睡眠中に失う水分をあらかじめ補うことで、健康にいい影響を与えてくれることを経験として知っていたからでしょう。

寝る前にポカリスエットを飲むと水分だけでなく、イオン(電解質)も補給することができます。
これは、まさに現代の知恵ともいえるかもしれません。

また、寝ている間の約8時間は水分補給ができないため、朝起きた時の身体はかなり渇いた状態になっています。失った水分をすばやく吸収するポカリスエットを健康な朝の習慣にしましょう。

この記事をシェアする

ページトップへ